包茎手術

包茎手術をする時はココで選ぶ!

短小・包茎治療を決意した男性の写真


近年数多く開院している包茎治療・包茎手術のクリニック。
その中には手術が雑であったりアフターケアがないようなクリニックもあり、トラブルになるケースが一部発生していることを知っていますでしょうか?

中には最初に手術したクリニックで失敗し、別のクリニックで再手術するという事例もあるため、最初の包茎手術クリニック選びは慎重に行う必要があります。

日本人男性の約7割が包茎と言われ、多くの方が包茎で悩んでいると言われています。
しかし、手術で一度失敗してしまうと精神的にダメージを負ってしまい、さらに悩みが尽きなくなってしまうことも多く見られます。

そのため、クリニック選びを失敗しないことが重要です。
このWEBサイトでは各包茎手術クリニックのどういった点を比較検討するべきか、押さえるべき以下の7つのポイントを紹介します。

  • スタッフ
  • カウンセリング
  • 明朗会計
  • 医師情報
  • 実績
  • 技術力
  • アフターフォロー

これを読めば、間違いのない包茎手術クリニック選びがきっと出来る事でしょう!

スタッフが全員男性かどうか

包茎治療男性スタッフの写真

包茎は下半身の悩みであるため、異性には、他人だとしても当然ながら見られたくないものです。

過去交際していた女性から、包茎であることの指摘や嫌悪感を抱かれた経験がある方は特にそうでしょう。

そういったコンプレックスから、女性のスタッフさんだと本当の悩みを打ち明けることや下半身を見られることに強い抵抗を感じる人もいます。

スタッフが全員男性の包茎手術クリニックには、同姓として安心して通うことができるでしょう。

しっかりしたカウンセリングをしてもらえるかどうか

カウンセリングの写真

患者さんの包茎の度合いや問診などの症状確認から、生活における悩み、異性との付き合い方など、手術前にしっかりと時間をかけてカウンセリングしてもらえるかを確認することが大切です。

症状の確認だけでなく、患者さんの不安を如何に取り除けるかがクリニックやスタッフさんの重要な責務だからです。事前に出来る限り不安な点を解消できていれば、手術当日も安心して手術に望むことができるでしょう。

また、カウンセリング費が無料なのかも確認しましょう。カウセリング時は、ほとんどのクリニックは、個室であったり、他の患者さんと顔を合わせないように配慮してくれています。

明朗会計であるかどうか

包茎手術の価格の写真

近年の技術向上により、数年前よりも安価で手軽に包茎手術が出来るようになりました。特に、仮性包茎手術の治療費は3万円〜7万円が相場になっており、10万円以下で治療ができる包茎手術クリニックも多いと思います。

ただし、この金額がどこまでの範囲を含んでいるかはよく確認しておきましょう。

カウンセリング代やアフターケア代が含まれていないケースや、追加オプションをつけないと完治しない、などもあるからです。
明朗会計を掲げている包茎手術クリニックを選びましょう。

医師情報を開示しているかどうか

医師情報開示の写真

手術をする医師の腕がどうなのかも気になるところだと思います。

やはり、傷跡が目立ちにくく、綺麗な仕上がりをみなさん望むわけですから、担当医師がどのような技術をもっているのか、経歴はどうなのか、実績数症例数はどうなのか、という情報は事前に知っておくべきです。

医師情報を開示していないということは、何か開示できない理由があるかもしれません。必ず事前に確認し、この医師ならまかせられると納得できるようにしましょう。

症例数の実績はどれぐらいあるのか

症例実績の写真

症例数の実績も重要なポイントです。

実績が多いということは、その分、患者さんがそのクリニックを信頼し、通っている証拠となるからです。そのクリニックの医師自身も、実績が多い方が”慣れ”もありますし、色々な包茎の症例を見てきているため、どのような症例にも対応が可能となります。

大手の包茎手術クリニックですと、1万件以上の症例数はありますから、それを1つの目安とすることがよいでしょう。

また、同じクリニックに通っている人数が多いと、自分自身と同じ境遇の人が多いということなので、気持ちがラクになる側面もあります。ホームページなどで実績を謳っていないクリニックは、公表できるほどの症例数がないと思われますので、実績数は必ず確認するようにしましょう。

技術力はどれぐらいあるのか

包茎クリニックの技術の写真

近年、いくら簡単に包茎手術が出来るようになったといっても、体にメスを入れる以上は、仕上がりは一番気になるところです。

包茎が治った!と言っても、傷跡が残った、見た目が汚い状態、痛みが残る、といった症状が出てしまったら、それは完治したとは言えません。余計にコンプレックスになってしまい、再手術を受ける必要になってしまっては、元も子もありません。

仮性包茎手術の場合は、切らない術式というものが近年行われており、その術式を行えるクリニックは技術の習得にも積極的でオススメです。

ほとんどの包茎手術クリニックは、どのような手術を行うのか、その技術やテクニックをホームページで解説していますので症例数の実績とともに合わせて確認しておきましょう。

アフターフォローはしてもらえるのか

包茎手術クリニックを選ぶ7つのポイント

包茎手術が無事に完了した!と言っても、手術後はケアが重要になります。

1週間は包帯を巻く必要がありますし、薬を服用する必要もあります。包帯がとれてもマスターベーションやセックスはしばらく控える必要があります。また、異性との接し方など、精神面でもフォローが必要になるケースが多いのです。

アフターケアはオプションで別料金、そもそもアフターフォローは薬を出して終わり、という悪質なクリニックも中には存在しますので、カウンセリングと同様にスタッフが術後もきちんと対応してくれるかどうかも事前にしっかり確認しておくべきポイントです。


以上が包茎手術クリニックを選ぶ際の7つのポイントでした。
これらを押さえれば間違いないクリニックを選ぶことができるでしょう。
一生に一度の手術になるわけですから、入念に調査確認して、自分に合ったクリニックを選びましょう。